« 想い出のセフレ | トップページ | セフレの夢 »

2010年6月25日 (金)

セフレは優しい

諦めたくない。でも届かないんだから、諦めざるをえない。 両手は届くところに居るんだ。だけど、その手でセフレをつかむことを許してくれない。ものすごく近くなのに。 好きなことに変わりは無い。せめて片手だけでも、一緒になれたらいいのに。 寂しいよ。叶わないのも 届かないのも わかってるけど セフレを想う 私の気持ちはとまらない セフレは優しいからセフレは優しいから… わかっていても 勘違いしたくなるよ いつまでも 待っていたいって 思っちゃうよ いつもの その場しのぎの 言葉だとしても 嬉しくて 泣きそうになる どんなに 待っていても 君への想いは 届くコトはないけど 今日も セフレが大好き私の想いはセフレに届いてるのかな? ていうより想いに気づいているのかしら 貴方に会う度に言いたくてしょうがない 好き って言葉 でも言わないでおく うん としか言われなさそうだから 好きって 言ってくれないと思うから 当然かもしれないけど、もうセフレにドップリはまってるんです 会いたくてしょうがない 自分の思いばかり勝手なことばかり言ってゴメンね

いくらあなたが優しくても、私はあなたにとってセフレでしかないのよね、彼女でも親友でもない、 ただ、セックスがしたいときに会う、お互いの性欲だけを満たすための相手でしかいないもの。
でもね、私にとって、あなたはすでに単なるセフレ以上に大切な存在になっているんだよ。
本当はsexするとき以外の時間でももっと一緒に過ごしたいけど、あなたにはちゃんと真剣にお付き合いしてる彼女がいるから、、、
本当に好きだから、あなたの幸せは壊したくない、だから、これからもセフレで居続けるね。二番目でも、私はあなたの側にいられるだけで幸せだから。

« 想い出のセフレ | トップページ | セフレの夢 »

無料ブログはココログ